易の基本

【易の基本】易経。占いで観る。数字の意味.

東洋五術と数字

東洋五術とは何でしょう。何度かお話していますが、命、卜、相、医、山の事をいいます。その中で、今日は、相(そう)で見る数字の意味についてお話をしていきましょう。
相を観ると言うのは、その内容を知らないと説明できないものに数相があります。数字にも相があります。
古来より、私達が見つけ、振り分けたものには必ず 名前をつけました。
名前をつけて、これは、何、これは何としてきました。 また人にも名前がつけられて、その人の個性、個体を言い表すのに、名前がつけられているのと同時に、私たちは数字で振り分けられています。
マイナンバーとか、個体ナンバーとして国が個人を振り分けるのに 数字を使っていますし。同じ個体を分けるのに番号を使うのは人に限らず、様々なものに利用されています。
例えば、免許証、保険証 車体番号、住所、と上げればキリがないほどに数字が使われています。

【易の基本】易経五術、命卜相医山を知って自分の運気をよくする方法自分が好き 自分が幸せになりたい 他人を不幸にしたくない 周りの人と幸せに生きたい 思いと裏腹になるのはなぜだろう...

数は一で始まり十で終わる。

史記】には、数は一で始まり十で終わる。と記されています。また、【春秋繁露】(しゅんじゅうはんろ)には、天の大数は十に畢(おわ)る。人もまた、十(とつき)にして生まれ、天数に従う。と紀されています。

十数の中にすべ手の意味を込めて、十数で終わり、一数に戻り、または始まることを言っています。数字の一を出発とし、物事が始まりました。したがって宇宙万物は、何もないように見えて、有数より出発しています。【易経】においても、太極 (一数) が二気に分かれ(二数)天地人(三数)としてあらわれ、四象(四数)すべてを合わせると十数となります。
天地のすべてが十数にはいり、陰陽で別れることを観ても陰の数五数 陽の数五数を合わせて十数になります。

易における十数は、【易、十翼】繁辞上伝第九章に、

繁辞上伝第九章(けいじ)

天一、地二、天三、地四、天五、地六、天七、地八、天九、地十、天数五、地数五。
五位相(ごいあいて)得て各々合うなり、

天の数は奇数、(陽)で地の数は偶数(陰)となっている。

また、易緯乾坤鑿度

易緯乾坤鑿度(えきいけんこんさくど)

天は、一に本(もと)づいて立ち、一を数の源と為し、地は配して六を生じ、天地の数を成し、合志て、性を成す。

とあるように、十数のうちに宇宙のエキスがふきまれていることを知るべきでしょう

名前と数字

このように観てみると、数字にも意味が現れてきます。私達が、いろいろなものに名前をつけたのは、いつからでしょう。聖書にはじめに生まれたアダムを様々なところに神様が連れて行って野の獣や鳥に名前をつけてみなさいといい、その姿を楽しむ下りが、創世記二章にあります。それぞれの獣や鳥にふさわしい名前をつけたとあるように、人がつける名前はふさわしいと神様が喜ばれているように、私達も、親になり、生まれてくる子供に名前を付けるとき、適当に付ける人はまずいないと思います。こういった名前の相を観るのに使われるのが、数字です。
こうしてみていくとき、名前にも意味をもたせるのが、数字であることがわかってきます。
言葉にも言霊(ことだま)があると言われますが、数字にも数霊(すうれい)という根本的な意味があります。では実際に、数の意味を見ていきましょう。

中華五術 暮らしと運の研究所 リンク 中華の基本思想は陰陽五行です。私たち日本においても、文化人、知識人と言われた人々は、四書六経を学びました。東洋五術においても、儒教、道...

数霊

1数系(木気の陽)

1数系の意味
1というのは無形から有形としてあらわれる初めの数字です。ありとあらゆるものが、1数から始まります。物事の基、礎(いしずえ)を表しています。出発を意味しています。ゆえに、独立、健全、幸福のはじめ、幸せ、再建、といった意味を持っています。

1数は、木気の陽

木気の陽は甲(きのえ)です。甲は大地より上に延びる大木を意味しています。まっすぐに天に向かって立つ大木は、上に延びるために、しっかりと根を地中深くに潜らせて、栄養を取ります。表面は地味ですが、内面はしっかりとしています。年輪を重ねる堅実なタイプといえます。物事を見極めるため、リーダーとしての力を持っています。

1数の内面性

何年も同じことを続けていける堅実さを持っています。それは、木気の陽の気質がそのようにさせています。考えが精密で、順を追って進むことをよしとします。何事においても計画的ですが、表向きはそよ風を受けたすがすがしい温厚な人物に見えますが、内面に筋の通った幹があるように、頑固な部分が多く見られます。付き合うと第一印象とは違う面をのぞかせます。
それは、頑固さでもありますが、自分の信念を曲げたくないという、芯の強さがあります。

1数の社会性

社会適応能力にたけています。大木は、木陰となり、人を包み込むやさしさがあり、強い日差しを和らげ、大地にそそぐエネルギーを変換する力を持っています。ゆえに、会社を立ち上げたり、独自も職業に就く人も多くいます。1数系の⒒数や21数は、人を集める数字であり、吉祥運を持ち合わせています。ゆえに、個人の力が強く発揮できる職業が向いていると言えます。

1数系の持つ特性

1数は、出発の数字です。物事を決める確固たる信念がなければ向かいのものから有形なものは生まれません。確実性を持てば出発ができます。やっていればなんとかなるという思いを持って生きる人もいますが、1数を内在する人は、計画性、確実性を必要とします。それは、1数の持つ特性といえます。

【易の基本】三合会局。三方位からのエネルギーで最強運勢をつくる。 三合会局(さんごうかいきょく) 十二支により、長生、帝旺、墓にかかる三点が結びつくことを三合と言います。自分の生年月日により、時...

2数系(木気の陰)

2数系の意味。

太極が2極に分かれたものが2数です。盤古が大地に変化した折、すべての物を2極に分けました。一つであったものが分かれることを意味します。陰と陽に分かれることで、それぞれの性格がはっきりしました。それは、広がることを表しています。そこには分裂、いったん分かれることも含まれていますので分離数友いえます。


2数は木気の陰

木気の陰は乙(きのと)を示しています。1数の甲(きのえ)に対し乙は、灌木(かんぼく)を表し、芽が出たばかりを表し、大木の下の草木、つる,木の根に分類されます。大木と違い、群れる。群生した小木、横丹博夫がる性質を含んでいます。個々としては目立つことがありませんが、優し温和、周囲を癒す、安心感を与えます。自分を主張することを嫌い、横に広がる、人脈作りにたけた数字と言えます。草木のように、美しさや癒しを与える美男美女が多い数字です。ただ、他人を頼る傾向もあります。他に依存しないと生きていけない状態に陥ると分立、離別が濃く、現れます。

2数の内面性。

受け身的、受動的傾向が強く、何事にも控えめに生きて、奥ゆかしさを秘めています。他人からは、薄弱、弱腰、弱気、不安定に見え、些細さを持ち合わせ、内向的神経質な面があります。姓名判断において、2数系が多く出た場合、自分が嫌い、現実逃避が出やすく。水気の陽が多く出た場合。劣等感、脅迫観念が強く出ます。

2数の社会性

乙(きのと)の特徴が強く出るとコツコツ地道に努力をします。一業一芸に秀でて、個性が強く、上に立つより補佐に回った方が、自分を生かせます。アシスタント、助監督、コンサルタントといった、人を補佐する側に行くべき数が2数系です。美男美女が多いのですが、親兄弟との縁が薄い傾向があります。

2数の特徴

2数は分裂の数字です。新しく発展するためには細胞も分裂しなければいけません。分裂は発展するための第一歩です。無形から有形が生まれた1数が、2数という分裂を起こして、新しいものが生まれ、陰陽という天地(乾坤)が発生しました。


3数系(火気の陽)

3数系の意味

3数は1の陽(乾)2の陰(坤)が合わさることで会うことで新たなものが生まれる乾坤抱合となり、万象が定着する意味を持ちます。これは、陰陽和合数となります。
天(乾)地(坤) 人の三才観が出来上がります。この3数は安定を得て、天の権威と地の福徳を兼ね備えた数字となります。故に3数は天の数です。

3数は火気の陽

火気の陽は丙(ひのえ)を表します。丙は草木が育って明確な姿を現すことを意味します。それは、自分の中にある目的に対して、思考と実践が合わさり具体的な形が現れることを意味します。五行としては、ぎらぎらとした太陽を示し、炎々として燃える炎のように、活気があり。自己が光り輝く自然のエネルギー、自然の火を示しています。この3数を持ち合わせた人は時として出しゃばり、おしゃべりが好きというように自分から物事を発信することが好きな人です。ただ、材料となるものが少なかった場合、雨に当たると消沈してしまいます、社会的には、自ら様々な場所にアンテナを巡らせ、よく体験し、知恵を得るならば、自らが発信基地となればなんの問題もありませんが、得る体験や情報が間違っていた場合、社会の雨に打たれて消沈します。

【風水】気とはなんだろう。易経や風水であつかう気 古代中国と「気」のかかわり。 易経。風水でいう「気」を理解するにあたって、そもそも、「気」とは何なんだと思ってしまいます。そこで...

3数の内面性

3数は自然の火を表しているため、空の太陽を表せばわかりやすいと思います。活動的で、自らが燃えて周りを照らす。権威,権勢、権力、名誉を好む傾向があります。行動力、企画力に富。たえず野望的側面をちらつかせます。頭の回転が速く、機敏です感受性、情緒も豊かです。名前に3数が2つ以上ある場合。癇癪もち、短気、瞬間湯沸かし器となる傾向も強く出ます。

3数の社会性

3数は自らが燃える太陽のように、内側に燃やすものが多い場合においては、社交性に優れ、若いころよりもちいられ出世頭となります。内側の燃やすものがない場合、山火事、大火事のように周りを巻き込み、燃えカスのようになるため、絶えず自分の中に、人のために生きる覚悟を持つべきです。モデルや、料理人、政治家といった人を楽しませたり豊かにしてあげる職に就くべき数字です。

3数の特徴

1数が出発し、2数で、陰陽に分かれ、3数で子が生まれたことを意味するため、運動し行動していくたえず動く、生存し、繁殖し、発達し、発展するために光り輝くことを喜びとします。


4数系(火気の陰)

4数系の意味

4数は東西南北。太極から2気が生まれ、3段階をつうじて出てきた4象であり、陽の中に陰、陰の中に陽というはっきりとした裏表が出てきた世界でした4数ははじめに出てきた4象を表すため地の数であります。4数は、混沌から出てきたため、変化、変転と混沌、混濁 不安定、不完全を意味します。そのため、物事を破壊再生する数字ともいえます。

4数は火気の陰

4数は火気の陰を表し、丁(ひのと)となります。3数が自然の火燃え盛る太陽をあらわすのに対し丁は、ローソクの火、焚火、人工の火を表す生木の燻(くすぶ)る火を表します。火がついているのに煙ばかりが出る燻った火は、力が出せていない状態でもあります。それは、表舞台に出ることができず下済みが多く、力が出せない困難さを引き受けてしまう、燃えようとあがけばあがくほどに、煙が多く出て、人々に煙たがられてしまう。損を引き受けてしまう数字と言えます。ただ、四方にめくばせしながら、東西南北にわたらせ、高い山からでも見つけることができる狼煙(のろし)のように危険に対しての嗅覚は優れているため、死ぬほどの経験をしていても、死むことがなく回避できる能力が4数にはあり、4象として出てきたそれぞれの力を持つため、住んでいる場所を快適にしてくれるため、はっきりとした輝きが無くても、無くてはならない存在でもあるのが、火気の陰の力ともいえます。

4数の内面性

4数は丁(ひのと)の影響により、おとなしく物静かに見えますが、芯が燃え得ようとあがきくすぶり続けるため、がまん強く、東西南北を見渡す嗅覚に優れ、進歩的 新しもの好きなため好奇心が旺盛ですが、燃え上がることができないため、どこか冷めた感じを受けますが、自分でも自分の感情を理解できない時があります。それは、生木がくすぶるのと同じく、火がついても燃え上がれず、まして、火が付くのに時間がかかるためです。そのため我慢強い半面、不安定な心理状態を抱えているため、内向すると思わぬ行動に出るのは、こういった精神状態が自分を締め付けるためです。

【易経】易経占い。コイン占い。簡単誰にでもできるコイン投げ、擲銭法 簡単コイン占い。 簡単コイン占い ここで紹介する占いの方法はだれにでもできるコインを使った簡単コイン占いです。擲銭法(てき...

4数の社会性

弱気、内向性が出やすいいのが4数の特徴です。社会適応能力に乏しいため、社会運、家庭運が4数14数34数40数と出てくると顕著に出てしまいます。社会になじめない、家庭になじめないとなるため、努力が報われず物事に対する達成が遅く、努力に対して見返りがないこともあり、いらだつ感情は、絶えずがまんし下積みが多くなり、金銭トラブルに巻き込まれたりしますが、がまん強さもあるため、1点超えるための努力を惜しまず続けることで社会に必要とされます。

4数の特徴

ともかくがまん、下積み、不安定といったものがたえず付きまといます。それは、破壊と再生を繰り返す意味があるからです。そのため、そこには、信念を持ち、愛情が深いことに対しての裏返しとなります。親の愛、兄弟の愛、夫婦の愛を受けていればくすぶりつづけた生木も燃えますが、こういった親の愛 兄弟の愛 夫婦の愛を受けれないと縁が薄くなり、孤独、焦燥観が深くなります。4数に対しては周りの援護が重要になります。


5数系(土気の陽)

5数系の意味

5数は、参天両地 陰の2数と陽の3数を併せ持ち十干において中間であるため十干の中央を司る要の役割を秘めています。5数は中央数としての役割もあり、幸福、福寿、円満、繁栄を意味しています。

5数は土気の陽

5数は土気の陽、戊(つちのえ)を表します。超えた土地を表し、地層の重なる高い山を表します。高い山の中央部分に立てば、四方八方を見渡せます高い山に立って周りを見渡し行きたいところに行ける準備が整った状態を意味します。
5数はこういった意味では、なんにでもなれるどこへでも行ける銃を手に入れた数字と言えます。動くことで幸運を手に入れることのできる数字であるため、転勤族なら、移動ののたびに幸運が舞い込み、旅行をすれば思わぬラッキーに出会い奇跡を感じるすうじでもあります。

5数の内面性

5数は越えた大地の上に立つ人物とみていいでしょう・高見に立ち、どこ絵でも行けますが、頼られるといやと言えないので、引っ張られる方向に向かいやすく環境に流されやすいともいえます。信念がなければ他人に影響されやすく流されやすいともいえます。自分の名前や生年月日に5数が2つ以上ある場合、のんびりムードのずぼらになる傾向が多く見られます。5数は、五行においても土気が中央であるため、収容能力や包容力は半端ないと言えます。温厚で、地域をまとめる役員であったり人の面倒を見る立場に立つようなおおらかさをもっています。大地はたえず種をまき収穫もしますが、生死が共存しているため、いったんこの人は嫌いだとなると、とことん嫌う激しさもあります。

5数は土気の兄 戊でありますから、肥えた大地であり肥沃な土地であるため、まいた種が芽を出し、実りが多いことを意味します。そのため、5数を持つ人につけば、周辺も実るため、幸運数と言えます。生まれながらに5数を持つということは、先祖に自らを犠牲にして、徳を積んだ人が多い表れでもあるので、くれぐれも、過信をすると、次の世代が衰退します。おごることなく努力すれば、次の世代も幸福に生きられます。5数というのはまさに分水嶺としての役割も持ち合わせていると言えます。

【三元九運】7月が分水領、癸卯年(みずのとうう)繰り返す歴史で見る2023年の運気。下元八運。 癸卯年(みずのとうさぎ)と三元九運 三元九運は、洛書元運とも、行星運とも言います。伏儀が編み出したと言われる先天八卦もまた、奇...

5数の社会性

基本的に豊かさを持ち合わせている四方八方に動ける機動力がある強い運勢であるため、社会運、家庭運においては恵まれています。超えた大地に生まれる運勢を持っているため、植えたもの、育てたものがしっかり育つため実入りが多く出世頭であり、2数、3数の複合体であり、参天両地のエネルギーを持つため、仕事もうまくいきます。5数を持ち合わせた人物は、創業者というよりは、2代目、3代目に多く見られます。

5数の特徴

動くことが幸運の源となる数字です。土台が整っているので、後は動くだけです。先祖から受け継いだ力を出すだけで、成功します。自分のために活用するのではなくより大きな価値を見つけることができます。


6数系(土気の陰)

6数系の意味

5数を超えた6数は1数を一回り越えた良い数字であり、天の五星(木火土金水)が循環し立ち上がる数字で完成を意味します。また3の倍数、6数が変化し9数にもなる変化をもたらす数字であるため、変貌数ともいえます。また、2気、4象をあわせた数字で、万象世界の始まりの数字です。

6数は土気の陰

6数は土気の陰は己(つちのと)を表し、己は田畑の土、草木が茂った枝や根がよくはった状態を表します。これは、山の段々畑や、平地に育つ田畑を思い浮かべれば美しくきれいに整然と整理された大地を表しています。ただすべての田畑が肥えているわけではなく時期や季節により作物が育たないという状態もあるということをふまえ、作物を育てる労力は大いに必要になってきます。それは、その人の持つ陰徳により影響を受けると観ていいでしょう。先祖が絶えず人のために生きた人であれば、その田畑をよく耕して肥沃な土地だといえますが、自分のために生きた先祖の田畑は、雑草が生え、耕されていないので、今を生きる人がよく耕せば、作物は育ちますが、努力をしないなら、あれた土地であることに変わりないといえます。開墾(かいこん)する土地を曖昧にしないで当人の努力いかんによりよくも悪くもなるのが、土気の陰 6数の持つ力といえます。
名前に、6数 16数のある方は 天徳数、吉祥数ではありますが、26数、36数、46数は 開墾の努力をしていかなければなりません。

6数の内面性

6数は、土気に属していることの影響を強く受けています。人情家で涙もろく、親分肌でもあります。そのため人に騙されたりもします。それは、6数の持つ特性でもあります。ただ、そういった人生経験を積むことで、それでも努力し、人の情に答えていける人間になれば、肥沃な大地となりますが、人生経験が、あまりにも辛酸であるために、人が信じられず、殻にこもるなら、土地は耕されず、作物の収穫が少なく、自暴自棄に陥り、社会を恨む行動に出ます。季節が巡る中で収穫が多い時、少ない時とある中で、隣の田畑を比較しやすいので、そういったときは天を仰ぎ、感謝するのか、つばを吐くのかその人の人生観が出やすい数字です。人のために生きても実入りが少ないと比較して生きることはおすすめしません。

6数の社会性

6数は周りの環境の影響を受けやすく、美しい田畑を作る人生になる場合も、あれた土地を開墾しなければならない人生もあります。しかし、頼まれたら嫌と言えない性分であるため、努力することで、出世できるので、人のために生きる 心配事を解決する 弁護士、裁判官、警察官、漫才師、噺家といった献度の強い仕事が良いでしょう。

6数のの特徴

努力により、出世しますが、思ったほど出世しないというジレンマも抱えます。それは、先祖の功徳の違いであ☲ます。ただ、それほど野心家でもないので、ほのぼのとしていて話しやすいので、頼まれやすく持ち上げられるときは責任を持って物事を行う誠実さを持ち合わせています。

【易の基本】三合会局。三方位からのエネルギーで最強運勢をつくる。 三合会局(さんごうかいきょく) 十二支により、長生、帝旺、墓にかかる三点が結びつくことを三合と言います。自分の生年月日により、時...

7数系(金気の陽)

7数系の意味

3数の陰陽和合数と4数の破壊再生数をあわせた数字が7数となります。そこには、繁栄と衰退を繰り返す意味を持ちます。そして、天を表す3数と、地をあらわす4数をあわせた数字が4数です。また、7数の中には吉凶が混在していることを表しています。また、5数としての中央数と、2数の2気分理数をあわせた意味もあります。

この7数は繁栄と衰退を持ち合わせているので、気力体力を持ちなあがらもエネルギー切れを起こすと自我不安、柔和とがんこ、摩擦と衝突をおこす。

7数は金気の陽

7数は、金気の陽を表し、庚(かのえ)を表します。庚は草木が成熟しきって新たなものに変わることを言います。また、金気の陽は 硬い金属 剛金を表し、よく鍛えられた刀剣のように切れ味の良い数字を表すので、切れ味通いとは、頭が切れるとか、機転が利く、知略に優れているので、アイデアが多く、目の前にそそり立つ壁があ朗と、必ず道を見つけ出す起点の良さがあります。ただ、強い実行力がある分、剛金のように融通が効かないところがあります。それは、強い意志の表れでもありますが、自分を貫く、自我を押し通す信念と見えますが、傍目からは、理解されない頑固ものとして映るため、人間関係や、社会生活に支障をおこすことが多々あります。
本人としては、なぜ人間関係や社会生活がうまくいかないのかわからない、言割れたことをそのようにしてるし、やれと言われたことを行っていると思うことも多く融通性にかけていてもわからな異のです。企画や業種が合えば知略家で、実力を発揮できますが。こと、歯車があわないとただの頑固者自分を押し通す厄介mのと観られます。そのため、7数は、非常に吉凶の分かれる数字となります。特に7数をもっている人は、幼少期よく愛されて育つことで、その後の人間関係が変わります。

7数の内面性

男女とも自信家で、一体どこをどう観てそのように自信が出るのかと周りは、驚くほどです。傍目にはただの頑固者と見られがちです。政治家、社長、専務、芸術家と言った、地位や名誉を好みます。社長さん課長さん偉い、えらきゃ何でも黒になると歌われるように、後に引けない頑固さを持ち合わせています。また、人と違うことを好み天邪鬼(あまのじゃく)ともいえます。良い方向に向かえば、初心貫徹で、開拓する強さもありますが、方向が違えば、破壊者(デストロイヤー)となるでしょう。そういった点では、対人関係や良い友人、良い先生にあうために、自らも修養し、自戒することを心がけましょう。

7数の社会性

自己判断が正しく回れば、物事に対して、テキパキと処理する処理能力があるため、人に雇われるより、自分で企業して好きなことに没頭すねき数字が7数です。ただ厄介なのが禍福共存数でもあるため、吉に出るか凶に出るかわ本人の努力でけでなく、父親、祖父母、先祖の行いも影響します。要は、徳が有るか無いかという話にもなります。
職業は、個性を発揮する職種があっています。特に7数は、芸能スター運を持ち、活発で、技能を身に着けて活動することが良いでしょう。

7数の特徴

吉凶禍福の数字であるため、7数を持つことは明らかな目的、方向性を持たなければなりません。ただ単になんとなくで生きていくと、目的が定まらないので、凶数が強く現れます。人は教育を受けなければ悪に傾く傾向をもっています。強い信念を持てば、鋼の強さを持ち、放っておけば錆びるのが7数です。また、天の数3数と地の数、4数を併せ持った7数は天地を表す数であり、完成数となります、

【風水】引き寄せの法則。汚いものを求める心は、自分で不運を引き寄せる。 割れ窓理論。 【割れ窓理論】というのをご存知だろうか、犯罪心理学者の ジョージ ゲリング博士が提唱している理論です。 1...

8数系(金気の陰)

8数系の意味

8数は中央数としての5数と陰陽和合数としての3数を併せ持った数字であり5数の特徴である中央数としての役割を持ち、3数の特徴である新たなものが生まれる乾坤抱合となり、万象が定着する意味を持ち合わせています。また、八卦fが表す家族の喜びを持ち合わせているといえます。

8数は金気の陰

8数は金気の陰、辛(かのと)を表します。辛は、柔らかい金属を表します。柔らかい金属とは、叩かれてもよく伸びる金塊(ゴールド)のようにいかなる困難が襲ってこようとも、負けない精神力を持っています。それは苦労を突破する鉄鉱石の医師の強屋を表し、忍耐強いことを示しています。7数の金気が兄であるように、8数は金気の弟として、兄よりは頑固ではありませんが、金気の持つ目張り強さは頑固者と見られるといえます。ただ,8数は柔らかい金属であるため、長い時間をかけて変化し何にでも馴染むように最初はとっつきにくかったとしても、その人となりは、案外社交的であったことに気づき愛着がわきます。

8数の内向性

8数は金気の所為角を持ち合わせているため、7数が大たちの日本刀を表すとすれば、小さいナイフ、手術用のメスを表します。それは、小さくても人に向けば殺傷の力を持ちますが、腫瘍(しゅよう)を切るなど傷を癒やす意味も持ち合わせています。知力、想像力に優れ、開拓精神が旺盛であるため、人がやらないことにチャレンジし砕かれても再度チャレンジするように粘り強い根気を持っています。精神的にうたれても、それを糧にすることを得意として、取り組んだ物事やプロジェクトに立ち向かう精神力はだれえにもまけることはないでしょう。ただ、行ったことが実れば達成感は半端ないのですが、やりたいことが果たせないとなると、ノイローゼに陥ることも有るため、人に相談する、家族の助けを受けるといったことを心がけてください。

8数の社会性

仕事人間に陥りやすく。粘り強い努力家であるため、成功する運気を持っています。金気は五行の中でも強く金を引き寄せる力を持っているため、お金に対して貪欲でも有るため、事業に対しての計画性、いかに金儲けをするかという知力に長けているため、事業はうまくいきます。職業は開発型といえます。お金を呼び込むことに対して天才肌ともいえますが、それは、準備を人知れず行う努力があってのことです。職業は、起業する人が多いです、

8数の特徴

辛(かのと)は草木が枯れて、新しく生命が育つ準備をしていることを表します。自分の中に多くのアイデアを温存し、育てることを喜びとします。また。金塊のように柔らかい金属を表すように、打たれ強くしかも加工されると美しく輝く普遍の美しさを持つ存在です。

運をあやつる。天地人の気 良い気を取り込む。 運を操る人の気 私達は、いつも、私はいつもミスをする。失敗をすると、自分の中にルーティンのように暗示をかけて生活をしています。こ...

9数系(水気の陽)

9数系の意味

9数は10数を一括りとしての奇数としては最後の位置にある奇数です。1の位が新たな数字としての10数に変化する最後の数であるため変化する数字であり、1数が走りきった数字という意味では行動力、知力 存在感を表す数で、孤高の孤独を表します。3数の倍数であるため、3数の力を強く引き継ぎ、3数、6数、9数と影響を受ける数字です。陰陽和合数としての3数の3倍になり福徳もうけますが、凶現象も出やすい数字といえます。

9数は水気の陽

9数は水気の陽、壬(みずのえ)を表します。壬は新しい草木が妊んだ状態を意味します。5行としては大水を表すので、大海、大河、洪水の水という流れの強い水量のある水を表しています。このように大きく流れる水は絶えず行く方向を求め、流れる過程で様々な見聞を吸収し経験をしていくことを表しています。つまり9数は1の位を紆余曲折経験し10の位とい大海に流れる最後の関門であり、ここからどの様になるかという変化をする位置似います。
それは、新しい知識であったり、栄養分の含まれた水であったり、謀略を巡らす知恵であったりします。流れはよく動くことで変化するため9数を持つ人間は、知力、運動 体力に長けています。
また壬ははらむという意味を持ち、自分の中の様々なことをはらんで、育て準備することを言い表し、壬は、責任の任であり、自己責任や物事に対しての責任を持つということを言い表している数字といえます。

9数の内面性

9数は水気の陽であるので、寸時もとどまらない よく動く水を言います。故に内面は絶えず物事をめぐらし、知力を巡らすので、自分に関心が強い分、他人には淡白としてまっさりしています。それは家族関係や兄弟関係、近所に対しての隣人関係、恋人に対しての恋愛関係にも出ます。大水は激しく流れ周りを壊しながらも次々に変化しますので、非常に移り気となりはためには熱しやすく冷めやすいと見えます。
よく動く水気は頭脳明晰で、ひらめきや観の鋭さ、直感力に優れ、感受性も強く 自分が強いので、愛されることを強く望むのに、移り気な性分のため、自分かは発信する愛情は、気に入ったものにしか行きません。それはムラっ気が強いといえます。

9数の社会性

9数は水気における影響を受けています。水気は金気の影響を強く受けるので、経済に対し非常に強い感覚を持ち合わせていますので、起業家、創業者として、成功者が多いのですが、絶えず外に向かっていく性格も持ち合わせているため、仕事人となりがちなため、家庭にいつかないことが重なり、家庭に居場所を感じず会社に意識を向けるか、妾を作ることが多い、それは、9数が凶現象を起こしやすい数字であるのも影響しています。
職業さ、頭脳明晰で、企画力、創造力、芸術性によりクリエイティブな分野において人の嫌がることを行い頭角を伸ばします。また、体力もあり、スポーツマンとして活躍します。

9数と特徴

吉凶禍福が混在しているので、荒波を受ける場所を好む傾向があり、破天荒を良しとする感覚があります。その分、人の悩みに寄り添って生きる数字ともいえます。壬は妊む、責任という意味合いもあり、物事を生み出す。行うことに責任を持つ数字と言える。

陰陽五行と気の関係。かたちに宿るエネルギー  宇宙にエネルギーがあるから形ができる。 陰陽五行の、木、火、土、金、水 、森羅万象の中に存在するそれぞれの気の形は 目に見えない...

10数系(水気の陰)

10数系の意味

10数はこの数字を見てわかるように1数と0数です有数と無数が共存した数字が10数であるため、存在するか消滅するか 有るか無いかということを表しています。この10数は東西南北四正、四方十央具備といい、宇宙の法則の行く末を表しています。それは無い状態から有る数が現れることをいい、大きなことに進むか、消えてなくなるか人の思いに反応する数字であるといえます。

10数は水気の陰

10数は水気の陰を表し、癸(みずのと)を言います。癸は水滴、露、小川の水といった小さな水を表し、殻の内側にすくすくと育った生命がいよいよ生まれようとする状態といえます。これはまさにもう少しで生まれようという状態で、お腹の中から今にも出ようという状態です。この状態は、新しい生命が生まれる喜びと、どの様になるかという不安が混在し、生命に対しての期待と不安が混在するまさに有無の境をただよい往来する数字といえます。
雨がふり霧が出て消えて行く、情緒が安定しない、時間が経てばふりだしに戻ると言った」循環を繰り返します。9数が大きな水であるのに対し10数は小さな水であり、9数が動く水であるのに対し、10数はとどまる水といえます。動きの鈍い水にはボウフラが湧き腐ります。
故に、10数はうちに溜め込みやすいという意味を持っています。ただ、溜まった水が、一気に放出された場合、ダムのように新しいエネルギーを生み出すこともあります。そこには人が見張るほどの図りしえない力を発揮します。

10数の内向性

10数は小さな水、水滴と言った意味もありますが、動かない水ともいえます。動かない水は清らかに底から湧き水が出ていれば澄んだ水で清らかさを保ちますが、家庭内がよどみ、愛情が枯渇した場合、陰湿で沈みがちになります。故に10数をもつ人の周りの人間がよく関心を持ち、ひたすら愛情を降り注ぐことが必要で、見返りを受けない愛情が必要であります。
たとえ本質が見えなくとも与えることを喜びとするひとが近くにいれば10数を持つ人の人性は豊かになるでしょうが、その反面、愛情が枯渇する環境であれば、憂鬱になります。賭け事や、ギャンブルを好み、没頭し器用で判断力も優れています。

10数の社会性

10数は有か無です、何をやってもなんでもうまくこなす反面、飽きたり、職場の人とうまくいかないとその場を離れ次々と職を変えることもあります。社会が受け止めてくれるなら、非常に素晴らしい能力を持っているため、適応能力も長けていますが、有か無を表す数字であるため、天国か地獄、幸福か不幸と極端な人生を歩みやすいです。ただ、美男美女が多いので、外見から好かれることも多いのですが、喜怒哀楽が激しい感受性を持っているため、わかって付き合ってゆけば一生の友人であり、伴侶となります。くれぐれも愛情にかかわる問題は心していかなければなりません。

10数の特徴

何度も言いますが有か無です。愛情をよく受ければ大きく伸びますが、愛情が枯渇すればダムが放水するように、周りを巻き込む大災害を起こしかねません。人から愛情が受けれなければ、自らが深く愛することを行うことで、ゆっくりと水は動きます。とどまったり、じっとしていると水は腐ります。動くことが、運を動かせる方法といえます。


干支の意味、10個の漢字が表す植物の成長日記  干支の意味 陰陽五行という言葉を知っている方も多くいると思う。この陰陽五行とともに十干十二支も伝わってきて、その意味やら呼び方に...
RELATED POST